« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

歌うこと

歌うことを、
私は、ずっと勘違いしてきたってこと気づいた。

歌うことは、私にとって、ただ声を出すことの気持ちよさだった。
それも、なるたけ大きな響く声を出せることが、いいことなのだと思ってた。

私より、大きな声出る人はいっぱいいる。
私はそこまで声がでない。
だから、必死に力んで声を出そうとした。
お腹に力入れようとして、
身体中に力入って、
肩にも首にも喉にも力はいって力んでた。

いらない力みは取らなくちゃと思っても、
お腹の支えと腹筋使おうとすると、
結局、そこら中に力が入ってしまう。

肩はガチガチだし、
お腹や喉がうまく使えない分、弱い分、
鼻に響かして歌うから、声が震えるし、音程も不安定になる。

大きい声を止めて、
小さく「楽に歌う」ことをしてみると、声の変な震えが取れてくる。
音程も、上ずったり、低くなったりせずに安定する。

「楽に歌う」と、本当に楽だ。
こんな楽でいいの?ってくらい楽だ。

いかに、今までが、歌を歌うとき、無理してたかがわかる。
だから、身体中に力が入ってしまっていたのだ。
運動が苦手な私が、体操代わりに歌うなら、鍛えるためなら大声もいい。
でも、「表現としての歌」を歌うなら、力んでたら歌えない。

今の私が、等身大で、無理なく、自然体で、素直に歌うなら、
このくらいの、小さな声なのだとわかった。
楽に歌うには、小さい声しか出ない。

アーテイストは身体があり、息が深い。
だから、楽に歌っても、響く声が出るのだと思う。

身体も出来てなくて、息も浅い私が、真似しても、
力んで、震え声になるだけだった。

声を出そうとするのじゃなくて、
「楽に歌う」
ここが、原点だと思った。

ここからじゃなきゃ、「表現」は無い。

楽に歌うと、詞に近づける。

詞の内容に集中できる。
集中できると気持ちいい。

私が歌っているときは、
腹筋の使い方のこと考えたり、
「息を吐く」を意識したり、考えることがいっぱい!
表現とは程遠い。

ここを原点にして、
身体の力みも、心の力みも抜いていくことを
もっと意識しよう。

まず基本として、楽に、等身大で歌おう。

もっと、心も身体も柔らかく。

それと今、一番したいことは「心を開く」こと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

B-3

F1000238_2F1000240_2かっこいいB-3ジャケットです。
黒から焦げ茶の色合いが絶妙です。

でも、でも、あったかーーーいので、
まだまだ着る季節じゃないです。
なので、その日がくるまで楽しみーにしてます。

手にとって着てみただけで、ワクワクしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おしゃれ

今日は、父の82歳のお誕生日でした。
黒系の革帽子と、黒のカシミヤ入りハーフコートをプレゼントしました。

帽子をみて、「いいね!」ってすぐ喜んでかぶってくれました。
コートも着てもらったら、とっても似合っていて、見違えちゃいました。

とっても嬉しくなって、
「いい。いい。お父さんかっこいいじゃん!」
と叫んでしまいました。

父は、嬉しそうな顔してくれました。

今まで、どうせお父さんは、おしゃれしないし、
すぐ汚すし、安物好きだしと、諦めてました。

お洒落させようとする気持ちが無かった。

でも、お父さんがかっこよくなったら、
私が気持ちいい。
一緒に歩いてたって気持ちいい。
気分が違う。

お父さんだって、気持ちが変わってくれるかもしれない。

ただ、最低限の洋服買ってあげて、世話するじゃない。
ちゃんと、おしゃれもしてもらって、
ちゃんとお父さんのいい面を引き出してあげる。
不器用で、いっつも自分を汚しまくりで、損してる。

損してること、自分が変人なのも気づこうとしない父だけど、
髭ちゃんと剃って、ちゃんと服着たときは、本当はずっとよくなる。

もっと、おしゃれしてもらおう!
ちゃんと気にしてあげよう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

将棋盤

お誕生日のプレゼントに立派な将棋盤をいただきました。

みなさん、本当にありがとうございました。

父と一緒にさっそく将棋を指しました。
やはり一枚板の重厚な本物を使うのは気分が違います。

日曜日に、初めて教育テレビの将棋講座をはじめて、ちゃんと見ました。
子供の頃から、日曜日といえば、父が見ているのを
横から風景のように見ていたのですが、全然関心無かったです。

この10月から初心者のためのコーナーが始まっていて、
「駒の並べ方」をやっていました。
そこで、並べ方にもマナーがあること、初めて知りました。
中心の玉を置いたら、後は左から先で、次に右の順を繰り返していく。

そのことを父に話すと、父も知らなかったようで、
こんなに長い間趣味にしているのに、マナーとかは気にしないのは
やはり、父らしい。
将棋盤も折りたたみの安い物しか持たないで、
物を何も気にしないのも、父らしいとつくづく思いました。
父の物の価値観は、「安いこと」だけが一番で、
道具に凝ったり、美意識を感じたりしようとすることからは、
まるっきり遠くて、数式の世界とか、頭の中だけの世界なのだと
つくづく思います。

でも、実際に立派な将棋盤を目の当たりにしたら、
とても喜んでいました。

この将棋盤で、これから父とのいい時間を作っていきます。
ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あの鐘を鳴らすのはあなた

あの鐘を鳴らすのはあなた

和田アキ子 歌

http://www.utamap.com/showkasi.php?surl=36870

| | コメント (0) | トラックバック (0)

父と

今日は、朝、昨日のことを謝ろうと父に電話した。
「お父さん、おはよう。」
そうしたら、開口一番父から先に「昨日はありがとう」の言葉。

今まで、病院一緒にいっても、次の日にそんなこといわなかったのに、
優しい声でそういってくれる。
「お父さん、昨日はごめんなさい」
言いながら、気持ちが高まって涙でそうになった。

「俺もいろいろ言い過ぎて反省したんだ。」

ちゃんと心は繋がっている。そう思えた。

でも、今日も頭痛が続いていて体がだるい。
足湯しても、首を揉み解しても、簡単には治らない。

自分をちゃんと見つめろって言う時間なんだと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イライラの原因

昨日は夕方から父と脳神経内科の病院に行った。
今日も朝から父と新宿まで循環器内科の病院に行った。
実家に送り、世話をしたり話をして、帰ってきたら夜。

私のモードがとても悪い。

まず、保険証かいつもの場所に無く、
父がどこかに置き忘れ、見つからないことからむかついた。
父に「おまえは言葉遣いに気をつけろ。俺を子供のように叱りつけている。」
と言われた。
父にはちゃんとプライドがある。
そういわれ、我に返り、謝った。
私は父の人格を傷つけている。最悪だ。
イライラを父にぶつけていることが、自分でわかった。

前日、電話で話していたときは、
父の電話に出たときの嬉しそうな優しい声を聞いて、
「最近は本当にいい関係になっていきたな」と思っていた。
でも、それは思い込みだった。
電話と、会うのではやはり違うし、私のモードも日々違うことに気づいた。

昨日も今日も、丸一日父と一緒にいたら、
父の覚えられていないこと、今言ったことをすぐ理解できないで
何回も何回も同じことを聞かれることに、
いちいちむかつき、過剰反応し、怒鳴り返している自分がいる。

「おまえが教えてくれなかった」「おまえが言わなかった」
または「おまえがそう言った」と、
自分が判断できなかったこと、聞いても忘れてしまったことまで、
すぐ人のせいにすることにも、すぐむかついている。
都合悪くなると、「俺は認知症だ」といわれることにもむかついている。

相手は、ボケ始めた老人だ。
そうわかっているのに、いちいちむかついている。
優しく接しようとして、話題を見つけて話し出すのだが、
すぐ嫌味な言葉も発してしまう。
「お父さんとは、感覚が全然あわない!」
断定してしまう。
言ったあと、反省するけど、モードが変えられない。
気持ちも暗くて、まるっきり父と一緒のことが楽しめてない。

修養ができていない。
相手に流され自分に流されている。

父の認知症を認めていない自分を反省する。

自分のイライラを父にぶつけていることを反省する。

そのイライラは自分の問題なのだということを反省する。

父の所為ではない。
すべてのことが楽しめてない、
自分のやるべきことができていない、
今の自分に自分がむかついている。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

頭痛

昨日は一日寝込んでしまった。
朝から頭痛と気持ち悪さが続いて、起きれなかった。
吐きたいけど、吐けなかったのだが、
夕方になって少し吐いたら、気持ちの悪さは取れてきた。

頭痛になったのは首と肩がががんがんに凝ったため。
それだけ緊張してしまっていた。
私は人と会ったり話をすると緊張してしまう。

そこんとこを克服しなければ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »