« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

引越し 2

今日は朝早くに車で出発し、三島の家の整理。

引越し業者の見積もりで、4トントラックをお願いすることになる。

今住んでいるところ来た時の引越しも、4トントラックでいっぱいだった。

ということは、全部では、8トン??!!

引越し先は広くて、楽しみだったのだが、どうなることやら・・・。

ため息・・・

結婚20年で、溜まった荷物は凄い・・・

これから、少ない日数だが、やれるだけは整理するぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

引越し

引越しじゃ、引越しじゃ!!!

なんか、とっても嬉しい!!!

やっと、動き出した!!!

自分が動き出した!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私の好きなこと

私は映画を見ることが昔から好きだ。
映画でも、ミュージカルとかアートな映画、ポップな映画、
昔の名作映画、そして恋愛映画を見ることがとても好きだ。

でも今までは、漠然と見ていただけ。
恋愛に憧れ、歌や踊りに憧れて見ていただけ。

これからは、映画でも、ファッション、美術、音楽
すべてを絵をやる人間としての視点で見る。
そして、楽しみながら吸収する。
自分のファッションにも取り入れる。

映画の一コマを切り取るように、全体を見る。
一コマの場面に、かならず、その背景がある。
絵を描く時も、その対象に、その背景、人生を感じて描く。
そういうふうに感じるようにする。

貪欲に映画から吸収する。
そう思うだけで、とても楽しみ。

今週は、自分の引越しのこととかいろいろで、
まだ映画を観れてないけど、
これから、絶対時間をつくっていこうと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドラム・レッスン(24日)

ただ、右手のリズムはこう、左手はこう、足はこうと、
リズムを叩けるようになっても、
リズム感とはほど遠い。

私はまだまだただ、聴いている音楽に、
合わせよう、合わせようと、追っかけているだけ。
自分でも、身体からのっていないのがよくわかっている。
無理して合わしている感じ。
頭だけで叩いている感じ。
自分からのっていない。
音楽を身体で感じていない。
少しぐらい合ってなくたって、むちゃくちゃになったって、
音楽に身をまかせ、感じようってのが足りない。

まずは、ジャズの曲を家でもいっぱい聴こうと思った。
考えるんじゃなくて、聴きながら自然に身体が動くようになること。

目標が出来て、今は、それが楽しみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドラム・レっスン(17日)

サマータイムの左手のリズムが少しだけ変わった。
少し変わっただけで、左を意識すれば右が、
右を意識すれば左手のリズムが抜けてしまう。
左足は、今までほとんどやっていなかったので、まだまだ全然ダメ。
手とずらせなくて、意識した手と同じに動いてしまう。

それでも、何度もやっているうちに、
右手と左手だけはだんだんできるようになってきた。
ほんの少し、感じ始めた感覚なんだけど、
左手の力が抜けてきたので、右手の力みも少し抜け始め、リズムが
聴こえるようになった。
右だけ、左だけと片方だけだった意識が、両方一体になる感覚が
ほんのほんのちょっとだけつかめてきた。
そうすると、両方のリズムが聴こえるようになる。
そして、肝心なのは、腰でリズムを取ること。
腰もことも、まだまだ相当意識しないと、忘れる。
忘れたときは、リズムにのれない。
腰で取った時はリズムが感じられる。

今日は、ほんのほんのほんのちょっとだけど、
身体の力みを抜く感じがわかった。

それが、とっても嬉しかった。
心地いいまでいかないから、いつかは絶対そうなりたいと思った。
そのためには、いっぱい練習しよう。

歌も、久し振りに、レッスンで歌った「ラブ・イズ・オーヴァー」

最初は力んでしまったけど、
何度か歌っているうちに、
「こんなに、楽でいいの」って感じになってきた。

それは、いかに今までが力んで歌っていたかということだ。

私の「こんなに楽で?」は、
歌のレベルから言えば、まだまだ全然力んでいることを、
だから、歌が固いことを、

自覚しよう。

そうして、柔らかい感性で、柔らかく歌えるようにしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ファッション

音楽、絵を描くこと、絵画教室、その他も、
何を進めるにも、まずは、ファッションから!

今までの人生が、ファッションから逃げていた。
ダサく見られたくはないから流行も意識するけど、目立ちたくはない。
自分ではお洒落なつもりでも、普通のつまらないファッションだった。

こだわりを持たない、興味を突き詰めていかない、
そんな態度が、すべてをつまらない人生にしていた。

ファッションを楽しむことは、とってもとっても楽しい。
刺激がある。
ワクワクして、心が躍る。
この感覚をもっともっと感じていこう。
それが、私には必要。
すぐ無感覚になって、動かなくなって、落ち込んでしまう私を動かす、
原動力になると思う。

常に季節を感じて、季節の中で楽しんでいこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドラム・レッスン(15日)

基本的なスティックの握り方と指の使い方を、
一から教えてもらった。

腕の使い方、手首の使い方、指の使い方が、叩くときの基本だが、
すべて、余計な力が入ってはいけない。

早いリズムで叩くには、指だけで動かす。
指だけで動かすには、手首を固くしてては動かせない。
握っている手に力が入っては動かせない。
親指だけで動かすには、他の指、手の甲に力が入っていては動かせない。
腕も肩も力が入っていては動かせない。

それなのに、私は肩も腕も手首も手も全部力が入っている。
自分の身体なのにいうことを利かない。
自分の身体が動かせない。
不自由な身体。
不自由な指。

自分の身体が先週からガチガチで苦しい。
首も肩も腕も腰も上半身が全部痛い。
背骨の周りは特にガチガチ。首も酷い。
毎日のように軽い頭痛が続いている。

どんなに自分の身体が固いか思い知っている。
昔から私は、とても身体が硬かったのだ。
でも、その自覚はなくて、無感覚になって病気になり、
病気になってさらに固くなっていたのだと思う。
でも、自覚がないうちは、無感覚で、
背骨がゴジラのようになっていても、痛くなかったのだ。

先生は、私は寝ている時以外、いつも緊張しているのだと教えてくれた。
自分では、人と一緒にいる時、緊張しているのは
わかっていたが、それが、誰よりも緊張しているほど酷い状態
とは、自覚していなかった。
自分とっては、それが普通だからだ。
でも、これだけ、身体が凝るのだから、
緊張しているのだと自覚できてきた。
人と会うと、緊張して疲れるから、人から離れてしまうのだ。
でも、人と会っても、力が抜けるように生きていきたい。

今、私ははっきりと、自分の身体が硬いことを意識している。
絶対、柔らかくしていく。
無感覚の自分を、感覚のある自分にしていきたい。

私は、今まで感覚がなさ過ぎた。

音楽を感じる感覚もセンスも無さすぎた。
自分から感じようとせずに、昔から他人任せだった。

絵を描く感覚も、いつも真似事だった。
自分からの表現が無かった。
私の中から湧き上がってくるものが無い。

その感覚を湧きあがらすためにも、
この固い身体を柔らかくしたい。

胸が痛い。
自分の身体が固くて苦しい。
出来ないことにイライラする気持ち
少し出てきた。






| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドラム練習

先週木曜日に、まず、携帯用の練習パッドを買った。
金曜日には、スタンド付きのパッドを買った。
そして、日曜日には、ペダルが買えたらいいなと立ち寄った
ハード・オフで、練習セットの手頃のものを見つけて、買ってしまった!
練習セットの隣で、寝ている。
携帯用もスタンド付きも、すぐ動かせるので、
テレビを見ながらでも、すぐ練習できて、とても便利だ。

部屋の中に本物ではないが、ドラムらしきものがあるのは、
気分が違う。
ずっと、本気になれる。
目標になる。
リズム感を養って、音楽を楽しめるようにする。
身体を柔らかくして、心を柔らかくして、健康に生きる。

昨日、今日と、首と肩と腕はガチガチ、
腰は痛いし、かなり疲れが出て、軽い頭痛がおこった。

昨日はお昼前から夕方まで父のところに行っていたけど、
その後、疲れと頭痛で寝込んだ。

寝ると頭痛はよくなった。
なので、閑さえあれば、叩く練習。

月曜日よりは、左手が握れるようになってきた。
手首も回せるようにはなってきた。

リズムは「ら・ら・ら」に合わせて、何回も
何回も何回もひたすら練習。
腰で、リズムをとるが、まだまだ乗れてない。
毎日やるしかない。

歌は、力んで歌わないように意識する。
そうすると、小さな声しかでないけど、

力むよりはいいのかな・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドラム・レッスン(10日)

リズムがまるっきり取れない。
ここまで、取れないことは、今まで自覚できてなかった。

自分の中に、リズムが無いことがよくわかった。
なので、リズムを身体で感じて取ることが出来ない。

身体で取るように言われて、腰や首を動かしても、
身体の中から感じるものではないので、
無理やりに身体を動かしている感じだ。

曲にあわせて腰を動かしてはみるが、
まるっきり曲に乗れてない。
自分で、乗れてないのがよくわかった。

ただ、必死に曲についていく感じで、楽しむどころじゃない。
左手を意識すると、右手が動いてないし、
歌を歌いながら叩くと、手がついていってない。

ひとつのことしか意識できないのだけど、
その一つでさえ、ちゃんとはテンポが刻まれてない。
まったく言うこと利かない不自由な身体。
それが私だ。

でも、初めて、腰を動かしたので、すぐ、腰が痛くなった。

それだけ、身体が固いし、きっと無駄に力んでいる。
力みを取らなければいけない。
もっともっと練習して!

練習あるのみ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドラム・レッスン( 8日)

まず、左手の握り方を教えてもらった。
中指と薬指の間にスティックをはさむやり方を、始めてやった。
まるっきり自分の手なのに、麻痺してて言うことをきかない。

気がつくと、すぐ、人差し指と親指だけになっている。
思うようにならないし、パニックになった。

その後、叩き方を先生に教えてもらった時も、
どう動かしていいかもわからずに、パニックになった。

叩けといわれても、まるっきり、わからなくなって、
思考が止まって、無感覚になった。

先生に叱られた。
人の言うことをまったく理解しようとせずに、自分の世界に篭ってしまっていると。
理解しようとしなければ、レっスンする意味もないと。

私は、自分が頭で理解できない出来事があったとき、
その瞬間、まるっきり思考が止まって、身体も止まって、
なにもかも放り出して、自分の世界に篭って動かなくなってしまう
ということを、自覚させてもらった。

これは悪い癖だ。
理解しようとせず、自分の殻に篭り、その時
していることを放り出してしまっては、
いろんなことに対処できない。
学べない。

理解しようと考える。
マスターしたいから、よく見て吸収する。
気持ちから、逃げない。

この態度が瞬間で出るように、自分の中身を変えて行く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今の状態

今、自分がこうしていこうという目標も出来て、
そっちの方向に歩いていくことを嬉しがっているのに、
なんで、気持ちは落ち込むのかわからないでいた。

今、目の前のことを、一歩一歩進めていなかったからだ。
今やるべきことを、少しでも進めて動けば、この気持ちは無くなるはず。

前は自分を諦めきっていたから、未来に希望が持てなかった。
どうせ、私は何やってもダメなんだと逃げていた。

でもやっと、自分の歌が変わってきたことを経験し、
幾つになったって、人間死ぬまで成長していけるし、
成長しようという気持ちが何より生きる力なんだってわかった。
毎日の努力なんだとわかった。
そこから、逃げなければ、少しずつでも変わっていけるんだと。

でも、私はまだまだ足りない。

自分のダメさ加減に、イラつくことを。
イライラするというのはいけないことだ、ということが
身体に刷りこまれている。
だから、自分にイライラすることから逃げている。

でも、前のこと思えば、「落ち込む」だけ、自分から逃げ無くはなった。

今は、「なんで落ち込むんだろう」と原因を確認しながら、
しなちゃいけないことを、ちゃんと進めて、
動いていく。

今日は、ドラムの練習用パッドを買ってきた。
これで、家での練習も進められるぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

身体の固さ

ドラムを始めた事で、自分の身体がいかに固いか自覚した。
自覚したことで身体に変化が起こってきたようだ。

2日の日曜日は、朝起きたら、頭痛だったのだが、
足湯とお風呂をしたら、気持ち悪くなり、そのまま寝込んだ。
しばらく寝ていても気分は良くならずに、吐き気に襲われた。
一度吐いても治まらず、もう一度吐いた。

貧血の症状が出てしまったけど、
これも、身体が柔らかくなろうとしはじめた症状で、
リバウンドで解れなきゃいけないところが、
解れるために固くなったから。

固い身体を意識したから、身体が動き始めたんだと思ったら、
納得できて、気持ちが落ち着いた。

今週は家でゆっくりしている。
ゆっくりしたら、体調は良くなった。

お風呂の入り方も、毎日の
体調に合わせることなのだということもよくわかった。
もっともっと自分の身体を見てあげなくちゃいけないな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドラム・レッスン(日)

先週はとても気持ちが落ち込んでいた。
落ち込んだ理由は、自分のダメさ加減。
毎日歌の練習をしても、それだけでは何も変われないことがわかった。
そして臨んだ週末のドラムのレッスン。

充実したレっスンだった。
まだまだ叩き方もわかってないし、楽しいといえるようなレベルにはないけど、
リズムだけには乗れるようになってきたという嬉しさがあった。
落ち込んでられないような緊張感。
もっともっと吸収したいと思う欲も出た。

帰りの電車は疲れこんで寝ていて、次の駅まで寝過ごしてしまった・・・。

いかに、手首が固いかがよくわかった。
手首がしなやかに動くようにならなければ、
速いテンポの曲になったときには、まったくついていけない。
私は、手首をあげるところだけはわかっても、
叩く時に、下げながら手首をそらして、
瞬時にスティックを回すところが、出来なかった。
これは、手首を柔らかく動かさなければ、できないことだ。


まずは、これだけは出来るようになるように、家で練習している。
アート・ペッパーのアルト・サックスに合わせて練習するのも楽しい。

家では、もっともっと身体を柔らかくするようなことをしようと決意した。
柔軟体操も始めたが、今日は、自分で音楽に合わせて、踊ってみた。
人には絶対見せられないが、これはけっこう楽しい。
めちゃくちゃなのだけど、今までこんなことしたことなかったから、
私にしては、大きな前進。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »