« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

発散

私は、歌を歌うことが、自分を一番発散できる。

ストレスは溜め込むと「しがみつき」が出る。
しがみつきが出ると、いろいろなものを溜め込む。
気持ちも溜め込むし、物も溜め込む。
自分をがんじがらめにして、動けなくなる。
そうして、自分自身が無くなって行く。

発散することは気持ちいい。
発散できることをたくさん持っていることは、気持ちいいことだろうな。
私は、歌が一番かな。
絵での発散はまだ出来てないな。
ドラムに到っては、まったく出来てないな。
頭でばかり考えてしまうところで、身体も動かないから、
まったく楽しい感じがない。
とくに身体の動かし方がわからない。

今日は、久し振りに、「ハナミズキ」が歌いたくなった。
今、そこら中で、ハナミズキの花が咲いているから。

歌っていたら、自分の小ささを感じた。
私って、不満ばかり溜め込んでいる。
母のように、我慢ばかりの人生もダメ。
私は、母の我慢を超えていく事が、母の供養になると思った。

今日の歌は、発散にはならなかったけど、
自分の溜め込んでいるものに気がついた時間だった。
なんか、疲れた・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

捨てる 2

捨てることは気持ちいい。
気持ちが新たになり、リフレッシュできる。

すがすがしい気持ちになる。
空気が綺麗になる感じだ。

何もなくなったときに、入れ替えができる。
新しく再生していく感じだ。

新しく脱皮する感じだ。
ああ、今からでも綺麗な、蝶になりたい。
ちょっと遅すぎたが、やり直すぞ!!!

大空に羽ばたきたい。
太陽の下で羽ばたきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

引越し中

M市の荷物は、新しい新居のE市のマンションに運び込んだ。
でも、今住んでいるH市の引越しが残っている。

家の中で何を見ても、整理したり、掃除するモードになっている。
一日中、何かを片付けている。
こんなことは、結婚依頼初めてのことだ。
それだけ、今まで働いていなかった。
それだけ、今まで、身体が動かなかった。
それだけ、今は身体は動かせるようになった。
頭も働くようになっている。

今日は、E市の運んだ荷物から、実家にも荷物を運んだ。
新居のマンションは、エレベーターが3階までで、地上に
降りるのに、階段を二階分、荷物を手で持って運ばなければいけない。
引越しやさんも、重い荷物を4トン分、運ぶのに、ほんと気の毒だった!
その階段を今日は、自分達が運ばなければならなかった。
少しでも、荷物を少なくするために・・・。
こんなことを5月25日までに、どんどんしなくては・・・。
そうしないと、ほんとの引越しの荷物が、入らない!

5月25日
その日が無事終わるまで、気持ちは落ち着かない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さようなら

さようなら、M市!
さようなら、17年住んだ家!

荷物を全部トラックに詰め込むと、からっぽの家。
からっぽの家を見ると、この17年のことがよみがえってきた。
お掃除して、綺麗にして、最後にお別れした。
つくづくこの家は病気と共にあった。

ここから出で、新しい気持ちで、新しい人生を始めて行く。
だから、未練はない。
新しい出発だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

捨てる

火曜日から二泊で、M市にある自宅の引越しの整理に、一人で行って来た。

結婚して3年後に買ったマンション。
今日まで17年間住んでいた間に、溜め込んでいたものを、
あらためて見つめなおす時間になった。

水曜日。大きなゴミだし用の袋に、可燃ゴミとして、まず23袋出した。
次の日は、金属、陶器、ガラス類の不燃ゴミも、雨の中、7往復して出した。
そして、可燃ゴミの袋もすぐに、また6袋たまっている。
まだまだありそうだから、来週の火曜日にもまたいこうかな・・・。

今回、一番象徴的なものが出てきた。
押し入れの天袋にあったカツラ。
20年前の抗がん剤の治療の時、退院前に病院で買ったものだ。
結局は、退院後一度もかぶらなかった。
カツラの変わりに外出は帽子をかぶっていた。
そして、その帽子もいくつか出てきた。

鏡の前で、かぶってみる。
カツラはちゃちで安っぽく、帽子も子供っぽく、まったく似合わない。
こんなものを、私は、何時までも溜め込んでいたのだ。

引き篭った生活は、時にマンネリになり、無感覚になり、
いろんなものを溜め込んだまま、時間が止まったままに過ぎていく。
そんな淀んだ沼のような生活だったのだと気づいた。
生活は、人生は、川のように流れていくのが、本当なのだと気づいた。

病気の時のものは、新しい私には必要ないと、強く思った。
新しい私にも必要なものだけを残して、あとは捨てるべきだと、よくわかった。
未来を見つめれば、もう必要の無いものが見える。

その視点で、物を整理してると、どんどん物が捨てられた。
今まで、こんなにも捨てられなかった私なのに・・・。
あっというまに、袋は23袋できた・・・。
でも、まだまだ、迷うものもある。
でも、今感じている視点を肝に銘じて、引越しを進めていく。

捨てることは気持ちいい。
捨てるからこそ、新しいものを取り入れられる。
それが、常に生活を活性化して、人生を生きていくことなのだと思う。
死ぬまで常に新しい気持ちを持ち、出会いを楽しみに、
生活を楽しむことなのだと気づいた。
心でも物でも、本質は一つなのだと、あらためて思った。

ただ、今日は腕がパンパンで痛い。
重たいゴミを何度も運んだから。
でも、疲れたとはいえ、体力もついてきた自分には嬉しい・・・。
4年前の引越しは、まだフラフラだったもの。
あの頃の私より、ほんと成長してる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »