« 将棋 | トップページ | 力を抜く »

今日は腰が痛い。
気持ちが昨日からずっと落ち込んでいる。
自分の駄目さが身にしみてきた。
身体に力が入らないし、不安感だし、憂鬱だ。

昨日は、ドラム練習に参加し、自主練習の時間も
たくさんもらって、練習した。
練習すればするほど、基本ができてないこともよくわかった。
4連符がちゃんと叩けない。
速く叩いても、基本ができてなければ、意味がない。
左手の薬指が抜ける動きも、4連符をはやくやるときには、
身についてない。
教えてもらったばかりの「開いて握る」を意識しながら、ゆっくり叩く。
私には、まだまだゆっくりじゃないとできない。

ただ、開いて握るをずっとやっていたおかげで、
右手の小指がに付け根が痺れいていたのがよくなってきた。
やはり、力の入れすぎだったのだろうなぁ。

右と左のシンバルを交互に叩く動きは、まだゴキゴキ音はするけど、
痛くは無くなっていることに気づいた。
前は手を上げるだけで痛かった。
少しずつは、身体も柔らかくはなっているのだろうな。
そのことに気づいたときはちょっぴり嬉しかった。

でもとにかく、基本練習だ。
「わっしょい」もすべて、下に叩くじゃなくて、「あげる」という練習。
上げれば、ステックが軽くなり、手が全部開けるから、
細かい動きも速いコントロールが出来る。
力は要らない。瞬時に動く反射だ。
私は、力が入りぱなしだったから、
開くのも握るのも中途半端だった。
開ききれば、自然に力が抜けて、自然に閉じる。
その簡単な繰り返しだった。
そして、手のひらは、上向きでなく、絶対自分の股間に向けること。

|

« 将棋 | トップページ | 力を抜く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134698/41885522

この記事へのトラックバック一覧です: :

« 将棋 | トップページ | 力を抜く »