« 力を抜く | トップページ | 表現したい衝動 »

ドラム・レッスン

スティックの自然な動きを感じて、スティックに自分の手を合わせる。
叩いたり、押さえつけては駄目。
上に上がる動きが、自然に落ちるとき、指が受け止めるだけ。
叩くでなく、落ちるだけ。

人も同じ。
相手を受け入れて、相手に合わせれば、相手も受け入れてくれて合わせてくる。
相手を無理に動かそうとするんじゃなくて、
相手の動きのままに、それを利用しながら、こちらも動く。
そうすれば、物事は回っていく。

そうだよなぁ。たしかにそうだなぁ・・・

そう思いながら、スティックをゆっくり動かすと、
スティックが軽く感じてきた。

でも、まだ無駄な動きが出て、タップ・アップも叩いているらしい。
らしいというのは、自分では、自覚ができていない。

アップの、手首でただ上がるだけというのが出来ない。

だから、3連符が出来てない。
これから何回もゆっくりやって自分の動きを見て分析していく!

今日は、アート・ペッパーの繋ぎを教えてもらった。
ゆっくり「ズン・タタタ」と歌いながら、の練習を何度も何度もし、
最後に一人居残りで、曲をかけてテンポに合わせて3連符の練習していたら、テンポでは叩けないのだけど、どういう風にテンポの中で拍が動いているのだけは、やっと、自分の中で分析できて理解できた!

リズムのとり方がまるでわからない、頭の中がもやもや状態から霧が晴れた。

あとは、ゆっくりから、だんだん速く出来るように練習するのみ。

|

« 力を抜く | トップページ | 表現したい衝動 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134698/41908553

この記事へのトラックバック一覧です: ドラム・レッスン:

« 力を抜く | トップページ | 表現したい衝動 »