« 鬱 | トップページ | ドラム・レッスン »

力を抜く

ちょっと落ち込んだ軽い鬱状態と
ちょっと気持ちが高ぶった軽い躁状態があって、
それが普通の人の気持ちの動き。

極端に鬱状態になれば、普通に戻れなくなって、
極端な躁状態に揺れ動き、それは、常に緊張状態。
大げさには、演技がつきまとう。
作り笑顔や作ったふさぎこみは無理があり、疲れる状態。
お愛想ができなくなると、今度は極端な無愛想。
どちらも力が入っている。

力を抜いて、楽に生きていきたい。
自分の気持ちに正直に。
必要以上の大げさなリアクションや、
気持ち以上の表情をしてないか、
無理してないか、
自分の気持ちを常に自然に感じよう。
私は、人と話をするとき、常に緊張している。
だから、疲れる。
だから、篭って、人と関わりたくなくなる。
でも、力を抜くことが
できるようになれば、
人とも楽に、楽しく関われるはず。

少し疲れて、少し落ち込んでで、力が抜けた状態。
それが今の私。

そのままの気持ちで、ボイトレで歌を歌った。
鬼塚ちひろのインフェクションやAIのストーリー。
今までのでボイトレの中で、一番力が抜けてるのを感じた。
身体に力が入ってないのを実感した。
息も前より吐けるようになっていた。
それと、自分の地声が出てきたのを感じた。
まだまだだから、不安定だけど、
不安定で変な声の自分を、嫌がってないで楽しんでいるのを感じた。
歌ってるのが気持ちよかった。

|

« 鬱 | トップページ | ドラム・レッスン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134698/41908248

この記事へのトラックバック一覧です: 力を抜く:

« 鬱 | トップページ | ドラム・レッスン »