« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

闘う

甘い自分と闘う。
直ぐ諦める自分と闘う。
こんなもんだと妥協し諦める自分と闘う。
すぐ憂鬱になり、自分を甘えさせる自分と闘う。
いろんなことを面倒くさがる自分と闘う。
怒りを忘れ惚ける自分と闘う。
幸せを追い求めない自分と闘う。
好きなことをしない自分と闘う。
一日を大切にしない自分と闘う。
努力しない自分と闘う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドラム・レッスン(土)

バスドラの叩き方を教えてもらった。

昨日、叩き方を頭では解ったつもりになっていたが、
まったく、間違っていたことがわかった。

昨日のレっスンでは、足でペダルを離す時に、一瞬で突いて音を出して、お尻でイスを突いて、イスの足が浮き上がる。と理解していた。

今日解ったことは、つま先に体重をかけていた足が、
イスを突いて上がるときに一緒に上がって、降りてくるときに
足を落とし、すぐに離す。その時に鳴る。
すぐ離すから、ペダルが直ぐ離れ、いい音がする。
だった。

まったく、違う理解をしていた!

だから、私は、必死に足を突いて、イスお尻が上に飛び上がっていた。

踏んでいるからだ。

それと、左足は昨日からは踵をつけることを意識したので、上がらなくなったが、

右足は踵が上がってしまっている。

いつもつま先で踏ん張っているからだと思う。

「難しく考えるな!」と言われた。

足が落ちてくるときに、鳴らす。
確かに自然だ。
ただ、私が、何も考えずにやれば、そのまま踏み続けるから、
ステックはバスドラに張り付いたままになる。
だから、「すぐに離す」ところが、コツだ!

体重は常につま先にかけたままでいい。
足さえイスと一緒に上がれば音はしないわけだし。
ただ、イスが戻るときは足を踏むのは、一瞬ですぐ離すこと。

「離す」「離す」

すぐには出来なかったが、何回も何回もやっているうちに
やっと出来てきた。

出来てきた気はするが、つま先に体重というのが

まだまだ出来ている気がいないので、もっと慣れる練習が必要だ。

「力がはいっている!」とも言われた。

何回も練習しているうちに、力を抜きながら、自然にイスの上にお尻

を乗せながら体重移動し、そのまま自然に足を移動するイメージで

練習したら、少しずつ解ったきた。

解ってきたきたつもりになっているが、これも本当のところは

どうかはわからない・・・。

ハイハットは常に体重がのっていないと、スカスカの音になり

硬い音にならない。

左足に体重をかけたままを凄く意識して、

左側をとにかく意識したまま身体を前のめりにしてると、どうにか

音が硬いままでやれた。

でもこんなに前のめりが感じが本当なのだろうか。

先生は中心でどんと座っているように見えた。

まだまだよくわからない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドラム・レッスン

バスドラの叩き方。
基本の基本が出来ていない。

両足とも、つま先に体重をかけている状態が基本姿勢。
バスドラを叩く瞬間に突く。
踏むのでなく、離して飛ぶ「突く」から、
ステックは一瞬しかバスドラに当たらないし、動きが止まらずに
綺麗に反動し、リバウンドする。
先生のドラムは、けっして止まらず、反動する。
「踏む」と、ステックはバスドラに押し付けられて、くっついたまま止まる。
そうなると、音が伸びすぎて、リズムにならないし、リズムを乱す。
自分のスティックの動きを見て、止まってないかチェックして、直すこと。

私は、イスをお尻で突いてイスを浮かすことだけ出来ただけで、
基本の「つま先に体重をかける」ができていないから、
イスが浮いたままで止まっている。
戻るが出来ていなかった。
突くのは一瞬なのだから、すぐ身体の重心は戻り、自然に足は音のしない位置に
戻りながら置ける。
それなのにお私は、「つま先に体重をかけておく」ができてないから、
「突く」ができず「踏む」になっているから、こんなイスの動き方になっていた。
そこを意識して、これからちゃんと直していく。

ちゃんと体重がつま先にかかっていれば、
ハイハットはしっかり閉じられて、硬いいい音がする。
私は無理やり踏んで力入れているから、つま先だけで押して、
踵が上がっている。
つまり、常に「踏んだままででふんばっている」状態だった。
だから、イスが後ろに倒れた状態のままだった。
足裏全体で体重をかけられていないし、無駄な力が入っている。
つま先にちゃんと体重がかけられる姿勢ができれば、
力はいらないはず。

それが、なかなかできない。
イスのあるお尻に体重がかかってしまう。
なので、イスをハイハットに近づけたら、少しできるようになった。
それと、自分の勝手なイメージだが、乗馬の騎手のような
お尻があがって前のめりになって立っているような座りをイメージしてみた。
イスに体重がかからない、重心のもっていきかたを工夫する練習していこうと思う。

今までの私は、イスを揺らしてるだけなのに、出来たつもりになっていた。
重心移動を意識して練習する。
そこを反省する。
すぐにイスは戻るのが本当。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

死に方

父の身体がこの一月だけでも大きく弱ってきている。
これだけ頑固だから、どうにかは保っている。
私を私達を困らすのも頑固さだが、頑固だから一人で頑張っている。

父は変人だ。
変人こそ、自分では変人だと気がついていない。
解っているなら、ここまで変人なままじゃなかったろう。
父はその変人ぶりを受け入れてくれる人には愛されている。
それは同級生、職場の仲間など、友人はたくさんいる。
たまにしか会わない遠い親戚にもファンがいるらしい。
でも、身近な兄弟、親戚には、ほんと嫌われている。

ほんと漫画に出てくるようなボサボサ頭で身なりを気にしない博士。
または、チャリーブラウンに出てくる、ゴミとホコリで真っ黒な子そのものだ。
父にとっては、ゴミの中にいるほうが安心なのだ。
清潔感という感覚は無なのだ。超越している。
いっしょにいたら、あまりの感覚の無さ、五感の無さに、不快になる。
でもこちらの気持ちも解らないのだ。

そして、不器用なしゃべりで、どんなに損して、人と上手くいかないか。
でも、父は自分を飾らない。
いつも本音で正直ものだ。
人がいいから騙されもする。

この一年半、父とやっと向き合えるようになり、
いろんな話を正直に話せるようになり、
むかつくこともいっぱいあるけど、父の優しさにもふれることも出来ている。

その父が会うたびにちっちゃくなっている。

この一月は、顔は仏様のようになってる。

愛しくなってきた。

私と将棋をしながら父が死ねたら、
どんなに幸せだろう。

そんな死に方をさせてあげたい。






| | コメント (0) | トラックバック (0)

身体

先週は金曜日に、吐き気と頭痛で一日寝込んでしまった。
土曜日もまだふらふらだったので、家で休んではいたけど、
左肩が凄く凝って痛いので、駅にあるマッサージ店に出かけた。
やってもらった時は、手足に血が回るのが分かって、
じんじんしたし、力も抜けて、しばらく歩けなくて、座らしてもらったくらいだった。

今週に入ってからも、父のところに様子を見に行ったりはしているが、
身体をゆっくり休ませることを基本にしている。
でもそう簡単に左肩の凝りは治らずに、今日もまだ痛い・・・。

こんなに左肩が痛いのは、たぶん、ドラム練習の影響かな。
私は、今まで今までの人生の中で、左肩を全然使っていなかったのだと思う。
今、初めて左肩を使い出したのだと思う。
左肩と首の付け根もごりごりで痛いけど、左肩甲骨の周りが凄く痛い。
今朝はよくなったかなと思っていたけど、2回目のお風呂のあと、
また凄く痛くなった。
ドラムの基本練習も毎日しているし、身体はまだまだ変わろうとしているのだろうな。

暑いし、食欲が無くなっていたところで、この前は吐き気があって
食べられなかったりしたら、体重が46K台になっていた。
ここまで落ちることは、めったにないことなので、
身体も軽くなったところで、身体を基本から作り直しかな。
軽い感じは悪くない。
ただ、体力がないことも実感した。
ゆっくり休みことが出来たら、次の段階としては、
気持ちよく筋力もつけていかなければ思う。
そうしなければ、動けない。
動けないのは悲しい。
心を軽く、身体を軽くした後は、
心と身体に血と肉をつけていかなければと思う。
そう思う自分をもっと見つめてみる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »