« 恐さを持つ | トップページ | 運転10回目 »

運転 5回目

今日教習所での運転は、
今まででのなかで一番落ち着いて、冷静に臨めた。

「恐さを、ちゃんと自分の中に持つ」ことができたからだと思う。
先週のあの恐がって焦って緊張しまくっていた自分、ではなかった。

運転は恐い。恐いの状態が常にあるのが当たり前。
その当たり前の状態を嫌って、ただ、焦って逃げていた自分を
やっと自覚できた。

こんなにも違うのかと思った。
恐いからこそ、冷静に落ち着いて対処すること。
そのことが、今、やっとわかった。

今までの人生、全て、恐さから逃げていた私にとっては、
始めてかもしれない体験。
ここから、これからの人生が出発だ。
この緊張感から逃げていたから、私は普段に、しなくてもいい緊張を
して、怯えていたことが自覚できてきた。

今日は、もちろんまだまだだけど、やっと落ち着いてハンドルを握れた。
今までは一番ハンドルを落ち着いて回せた。
もちろん、まだまだだからこれから、もっと上手くならなければいけない。
まだ右回りを、ひたすら一時間中やっているだけだからだ。

今日は、初めて、二時間運転した。
二時間目の後半で、初めて、左周りをした。

右と違って、とても難しかった。
左に置いてある縁石を踏んだり、右に寄りすぎたり、
まるっきりコントロールできなかった。
この二時間目は、マニュアルを取った人でも、
一時間だけやらなければいけないオートマの時間だった。

オートマはブレーキを離すと動いてしまう。
マニュアルなら少しのブレーキで減速するところも
早めに長くゆっくり踏むところも違かった。
アクセルも足の加減で全て決まるので、
かえって難しいと教官も言っていた。
オートマが易しいというのは違う、というのがなんか解った・・・。
クラッチがないことで、危険と隣り合わせなんだと思った。

|

« 恐さを持つ | トップページ | 運転10回目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134698/42527777

この記事へのトラックバック一覧です: 運転 5回目:

« 恐さを持つ | トップページ | 運転10回目 »