« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

運転 5回目

今日教習所での運転は、
今まででのなかで一番落ち着いて、冷静に臨めた。

「恐さを、ちゃんと自分の中に持つ」ことができたからだと思う。
先週のあの恐がって焦って緊張しまくっていた自分、ではなかった。

運転は恐い。恐いの状態が常にあるのが当たり前。
その当たり前の状態を嫌って、ただ、焦って逃げていた自分を
やっと自覚できた。

こんなにも違うのかと思った。
恐いからこそ、冷静に落ち着いて対処すること。
そのことが、今、やっとわかった。

今までの人生、全て、恐さから逃げていた私にとっては、
始めてかもしれない体験。
ここから、これからの人生が出発だ。
この緊張感から逃げていたから、私は普段に、しなくてもいい緊張を
して、怯えていたことが自覚できてきた。

今日は、もちろんまだまだだけど、やっと落ち着いてハンドルを握れた。
今までは一番ハンドルを落ち着いて回せた。
もちろん、まだまだだからこれから、もっと上手くならなければいけない。
まだ右回りを、ひたすら一時間中やっているだけだからだ。

今日は、初めて、二時間運転した。
二時間目の後半で、初めて、左周りをした。

右と違って、とても難しかった。
左に置いてある縁石を踏んだり、右に寄りすぎたり、
まるっきりコントロールできなかった。
この二時間目は、マニュアルを取った人でも、
一時間だけやらなければいけないオートマの時間だった。

オートマはブレーキを離すと動いてしまう。
マニュアルなら少しのブレーキで減速するところも
早めに長くゆっくり踏むところも違かった。
アクセルも足の加減で全て決まるので、
かえって難しいと教官も言っていた。
オートマが易しいというのは違う、というのがなんか解った・・・。
クラッチがないことで、危険と隣り合わせなんだと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

恐さを持つ

恐さを知り、自分の中に常に持つ。
車は恐い。
「恐いから」慎重に、冷静に、丁寧に、正確に、注意深く、周りを見て運転する。

私の今までは、恐さを知っていると思っていた思い込みは、
「恐いから」ではなく、ただ、「恐いよ~」と
逃げていただけだった。
子供のころからの、私の恐がりは、
ただ、現実から逃げて、何も努力せずに、自分から何も行動しなかっただけだった。
恐さから目をそらせたり、目をつぶってしまって、
怯えて、焦って、緊張しまくって、手足が身体が動かなくなっていた。

事故を起こしてしまう自分を知っているから、
運転もしようとしなかったけど、
そうならないように努力することを放棄してただけだった。
自分を高める努力を放棄してた。

恐いと思うことからすべて逃げたから、引きこもりの人生になった。
甘い自分を甘いままにする人生だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

相手の立場になる

相手の立場になる。
相手がどんな気持ちになっているか感じる。
それが生きていくうえでのすべての基本。
相手が怒ってしまうのも、気持ちがすれ違ってしまうのも、
自分が相手の立場に立って接していないから。

家族が理不尽なことをされて怒っているなら、
自分もその家族以上に怒って、同じ気持ちになるのが愛情。
私は、怒りが足りない。
人と関わるってことは、その相手の立場になって、
どんな気持ちになっているかちゃんと感じ取ること。
それが感じ取れれば、相手と気持ちの交流が起こる。

人と気持ちが通じ合うのは、相手が自分の気持ちを理解してくれたとき。
自分が話をして、自分の気持ちを無視されれば、
話をした相手にも、ムカついてしまう。

自分中心に生活していて、自分の気持ちばかりを相手に押し付けていれば、
相手は怒るのは当たり前だ。
相手が私に話してくれることを無視すれば、次は自分が無視される。
人との関わりが上手くいかないのは、結局は、
自分が相手を思いやれていないことからくる。

家族と、そして自分と関わっている達みんなと、
この気持ちで接していく。

今までは、本当にそのことが私には欠けていた。
私が人と関われなかったのも、人に好かれなかったのも、
相手の立場を思いやれないからだった。
人には嫌われたくないから、口には出さないし、大人しくはしていても、
心の中に、自己中の自分を隠していたからだ。

自己中の自分を隠していたから、
人の話が聞けないだということが、やっと解ってきた。
「人の話が聞けない」と指摘されても、
「え?私はちゃんと聞いているのに何故?」と思ってきたが、
そのことが、この4年かけて、やっと今理解できてきた。

私は、人の話が聞けてなかった。
相手の立場にまるで慣れてなかったからだ。
だから、嫌われていた。

教習所の先生が怒るのも、私が言うことを聞けないからだ。
言われたことがすぐ出来ないのも、
そういう心があるから、身体が反応しないのだ。
だから、言われたことがすぐ出来ないのだ。
そうだ。
だからだ。
そっから変えていかなければいけないと思う。

歌や、ドラムのレっスンが進まないのもそれだからだ。
自分で努力しないのだから、先生を怒らせてしまう。
先生の立場もHちゃんの立場も考えていないからだ。

すべてのことがそう。
すべての基本だってことを心に焼き付ける。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

運転  3回目

今日は、最悪に落ち込んでしまっている。
今、胃は痛いし、吐き気がするし、
気持ちは憂鬱感でいっぱいだし、
身体は硬いし、動かない。

今日の教習で、自分がいかに出来ないかがよくわかった。
運転も失敗ばかりで、一回は、カーブを曲がりきれないまま、
車線をはみだして、まるっきり内側の方向にぶっ飛んでしまった。
その時は、教官にいろんなことを言われて、パニックになってしまったときだった。
言われたときに出来ないままに、
頭が止まってしまって、手と足がめちゃくちゃのことをしてしまう。
冷静に対処できない。
最悪だ。
頭ではわかってたはずなのに、
自分流のめちゃくちゃをしてしまう。
言われたことが出来ない。
ドラムで先生に叱られたときとまるで同じだ。
何回も何回も同じこと注意されて、わかったつもりなのに、
出来てない。
焦らないで、冷静にならなければ。
ハンドル操作もお盆で練習したが、足りてなかった。
焦ると、めちゃくちゃの自己流になってしまう。
クラッチのはずしかたも、動き出してからの制御の仕方が
まだまだコントロールできてない。
ブレーキの踏み方も、力はいってしまってスッとできない。
ギアチェンジもスムーズに出来ない。
それとギアをローからセカンドにするときの、
ギアの握り方がちゃんと左のほうに押してないから、
セカンドじゃなくてトップの入ってしまった。

ハンドルもギアもクラッチもブレーキも、
すべて、力が入っているから、悪循環で上手くいってない。
叱られれば叱られるだけ、焦って、パニックになって
冷静さを欠いてしまった。

私はやっぱり、普通の人の以下の以下だ。
だから、よっぽど練習しなければ、免許なんて取れない。

泣いてたってしょうがないのに涙が出る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

運転 2回目

今朝、強烈な夢を見た。
何故か私は○○と二人でオートバイに乗っていて、
大きな谷、機械やコンクリートの墓場みたいなドロドロの谷の穴に
落ちそうになるんだけど、50メートル以上空を飛んで、
向こう側に着地する。
凄く怖いんだけど、空を飛べて向こう側にたぶん着陸した!
その上から浮遊して飛んでる感じが今でも目に浮かぶ。
夢から覚めたとき、なんだか嬉しかった!

今日の運転。
昨日は、ハンドル操作をどう動かしていいかわからず、
教官が横から助けてくれてばかりで、
自分で運転できていなかったが、
今日は、教官は一回もハンドルに触ってこなかったし、
自分の操作で、何とか運転することができた。
昨日より、進歩してきたと思う。

昨日は一回曲がりきれずに、塀にぶつかりそうになって、
教官がブレーキをかけたところがあったのだけど、
今日も同じ角で、サイドミラーが、塀に少しぶつかってしまった。
一周して、同じ角になったとき、次は無事に曲がれたので、
ほっとした。
ハンドルの回し方が、やっと少しだけ解ってきた。
きのうよりは、少し加減が解って来た。

今日は初めて、横断歩道の前の停止線で止まるをやった。
一回目は手前になり、次は過ぎてしまい、
三回目ではちょうど綺麗に止まれた。
すっと止まれた時は、嬉しかった。

エンストも今日も大丈夫だった。
ただ、2速に自分でやるのが、焦って緊張しまくる。
もとスムーズに自分でやれたらと思う。

よっほど緊張して運転しているようで、
終わると、ものすごく肩が凝ってるし、
足がダルイ。眠い。
昨日の夜は胸が痛くなって、肋間神経痛のよう?になった。
ハンドルを握りしめてしまっているからだと思う。

昨日は教官に助けられてたし、頼ってしまう自分がいたけど、
今日は、自分で運転できたのが、よかった。
明日は、もっと焦らないで、落ち着くようにしよう。
まだまだ焦って運転してる。
落ち着こう。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

運転 1回目

先週から通い始めたけど、平日昼間コースなので、
今日が、初めての所内での運転。

今朝、ブログを書いて、
怖い気持ちだけでなく、楽しむ自分も引き出していく決意をしながら、
教習所に向かった。

なんとか一日目を無事に帰ってきた。
この私が、外側をグルグルと、なんとか運転してきた!
教官にかなり助けてもらっていたけど、
どうにか運転している、「車が動いている!」
っとことに、とにかくとにかく感激した。

前の私だったら、遊園地のゴーカートでさえ嫌で避けてた。
その私が動かしている。
とにかく動かしている。

めちゃめちゃ緊張してたので、教官に何度も
「力はいっているね。肩の力ぬいて」と言われてしまった。

その度に、息を吐いたが、すぐまた力はいっていた・・・。

クラッチは、とにかく「ゆっくりゆっくり離す。特に動き始めてからがゆっくり」
というのを頭に入れて、やったら。今日のところは、
エンストだけはしなかった。

それと、ゆっくりの速度のときは、
ブレーキはクラッチをしっかり踏んでから、ゆっくり
というやり方でやっていたので、今日のところはエンストしなかった。

今日、一番出来なかったのは、ハンドル操作。

曲がるところで、曲がり切れなかったり、
曲げ過ぎたり、
曲がるのが早すぎたり、
戻すのが遅い。
戻すのにあせって。手がめちゃくちゃになったり。
終わった後、家でお盆で練習するようにも言われた。

ハンドルは、緊張して、握り過ぎているらしい。
軽く乗せるつもりでと、注意された。

あと、前方をちゃんと見るようにといわれた。
ハンドルに気がとられて、ハンドルを見てしまっていた。

ハンドルをどのくらい動かすと、どのくらい動くかが、
なかなか掴めない。

あああぁ。凄く疲れた・・・。

でも、でも、2速で、ちょっぴりだけどアクセル踏んだとき、
前に進んでいく感じだけは、楽しかった!!!

怖い気持ちだけでなく、
この楽しかった気持ちも忘れないようにして、
明日もがんばろう!








| | コメント (0) | トラックバック (0)

私の中の新しい自分

私の中で押し込められていた、隠れていた自分を引き出していく!
探検家がミイラを探して、掘り出すように、掘り出していく!

自分の中の自分と闘っていく。

新しい自分を押し込めて、出ないようにして、今まで通りにしようとする
頑固で、臆病で、慎重で、傷つくのを極端に嫌う、怖がりの自分。

でも私の中にも、はじけたい自分、はしゃぎたい自分もいる!
でも、今までは、この自分はほとんど表に出てこなかった。

保守的で臆病な自分で、今まで生きてきた。
殻をかぶって、傷つかないように傷つかないように自分を守ってきた。
でも、引きこもりの人生。病気の人生。
目に見えて大きなトラブルは無いけど、自分の中で、身体は病気になっていった。
すべてが無気力になって、面倒くさくなって、身体が動かなくなっていった。

今でも、すぐ落ち込むし、憂鬱になり、身体も重くなったりする。
心が弱い。自分に甘い。

こんな自分じゃ、駄目なこと。よく解っている!
気がついたら、こんな歳になってしまっていた。
絶対に、絶対に、こんな自分を変えたい!

隠れてしまっている元気な自分を、表に出してあげたい!

はしゃいで、はじけて、楽しいことを思い切りやる自分。
行動的に動ける自分。

何でも挑戦して、新しいことして、
失敗にくじけず、何度も失敗しても、前に進む自分。

失敗を怖がり、傷つくことを極端に嫌う自分も、私。

その慎重すぎる私も私なんだから、嫌わずに、
今までそれでも、いっぱいいっぱいだったんだから、嫌わずに、
仲良くしながら、新しい自分を引っ張り出して、
手を繋いで、前に進んでいく。

新しい自分に元気をもらう!
楽しむ自分を創ってもらう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

足の指で掴む!

足の指で地面を掴む。
金曜日にレっスンで教えてもらってから、
ずっと、意識して動かしている。
お風呂の中でも動かしている。
テレビ見てるときも。
そして、歩いているとき。

歩いているときに意識すると、
なんかとっても気持ちいい。
街を、すいすい歩く自分がいる。
元気な自分がいる。

いつもの、「だるくて、疲れて、とぼとぼのバアさん」の私、
じゃない元気な私が出てくる。

金曜日のドラム練習では、まったく音がでなかった。
土曜日の練習でも、まったく音がでなかった。
凄く悔しくなった!
それで、みんなが帰った後、居残りで練習した。

そしたら、まず、大きな間違いに気がついた。
また、私の悪い癖が出ていた。
「かかと」でと言われたら、「かかと」という言葉だけに
囚われて、足裏全体をまるきり使わないで、
踵だけに体重をかけていた。
親指の付け根の辺に体重をかけてなかった。

いつもそうだ。
言われたら、その言葉尻だけに囚われて、
大本の基本をまるで、自分で考えない。
自分で考えて、やってみたら、当たり前にことなのに。
私の悪い癖。要注意。

自分の頭で考えて、実際に動かしてやってみること。
この感覚を、もっともっと養おう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自分が変われる歌

自分の中に、こんな自分もいたんだという、発見する歌を探していく。
今までの自分の、思い込みの曲では、発見はないもの・・・。

私は、今まで、ゆっくりなバラード系の歌をよく選んできた。
昔のクラシック系の歌とは変わってきてはいても、そこは変わらなかった。

でも今日は、今まで一回も歌わなかったものから、選んでいった。

今日は懐かしのアニメの曲からやりだして、聖子ちゃん、渡辺美里と
歌ってみてから、大好きな土屋アンナちゃんをみつけだしたら、
それが、やっぱり、一番しっくり来た。

「黒い涙」は、身体を使って、思い切り声を出して歌ったら、
とっても気持ちよくて、癒された。
自分が最初に思つたより、歌ううちに、声が出てきた。

次に、「ローズ」を歌った。
ロック系は、私には、無理だと今までは諦めていたけど、
歌って見たら、すごく楽しくなってきた。
初めてだから、歌詞もめちゃくちゃで、リズムにも乗れてなかったけど、
でも楽しかった。
身体の中から、声をふりしぼって歌うのは、快感。
もっともっと歌ったら、もしかして、元気な私が、
私の中から、出てくるかも。

今日は風邪引いているので、咳が出てばかりいるのに、
歌を身体使って歌ううちに、歌っている間は出なくなっていた。

自分をさらけ出すのが、なかなかできないし、
気取りもなかなか抜けない自分がいるし、
そういう殻を破るにも、ロック系の歌で、
身体の中から、声を出すのは、いいかもしれない。
ほんと声を出すのは気持ちいい。

ジャズは大人の歌だし、気取っているから、
ジャズを歌っても、今の私は気持ちよくない。

気取らない私になったら、ジャズが歌えるようになるんだろうな・・・。

こういう曲は歌えないだろうとか、決め付けないで、
いろんな歌を探していこうと思う。

今日はできなかったけど、AIちゃんも好きだから、
ヒップホップ系。それから、レゲエも探して見よう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

学校!

昨日、入学手続きをし、今日から学校!
この私が、いよいよ本当に、自動車学校に通い始めた。
この決意をするのに、なんと30年もかかっていたんだと思うと、
今日の一歩は感激だ・・・。

ちゃんと、普通に外を運転できるようになるのか。
まだまだ私にはイメージできない。

でも、とにかく、まずは、免許を取る。
取れるように頑張る。

昨日まで、まだどこか憂鬱モードが、あったが、
今日、適性検査とか、学科の最初の授業を受けたら、
少しその気になってきた。
少し楽しみになってきた。

今日の入校生は11人。
私以外は、10代、20代前半の感じの子達だった。
マニュアルは4人だけだった。
オバサンだけど、マニュアルで、身体の感覚身につけるぞ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ドラム練習

基本のダウン・タップ・アップが間違っていた。
言われたことの表面だけ捉えて真似してきたから、
結局、自己流の間違った形になっていた。
本質が捉えられてなかった。
ステッックの自然なバウンドを感じないで、
それを利用した動きをしないで、
上から押し付ける動きをしていた。
たから、弾まないから、速いテンポでリズムをとることが出来ない。
リズムにならない。
手首を曲げるのではなく、肘を動かして、小指が上がってしまっていた。
ステックのお尻を上げるという言葉だけを真似して、肘を開いてしまっていた。

なんでも、小手先でやろうとすることと、
最初に言われた基本を、ちゃんと聞いていないで、
自分の都合のいいように解釈して、
自分の頭で考えないのと、
身体に染み付けないからだ。

レッスンがあるごとに、叩きやすいように、いろんな言い方で、
教えてもらうが、ステッックが綺麗に上によく弾むのが基本だと思う。
そのことをちゃんと理解して、やろうとしないで、
上辺だけやって、やった気になっていた。
このいい加減さが、私のいい加減さだとつくづく反省する。
やる気のでないようなことをして、自分で自分の首を絞めている。
だから、ドラムが楽しくならないのだとつくづく思う。
基本が出来てないから、その先のレッスンに、いつまでいっても進めてない。

少し出来た。なんか楽しい。
そこで、止まってしまっている。
もっとどうしたいとか、こんなことがしたいとか、の先を見ていない。
ただ、レッスンを受けているだけだ。
何のために、レッスンを受けているのか、見失ってしまっている。

自分と戦って、そんな自分を変えるためにドラムを練習する。

小指上向きにならないように、こちら向きに下に向くように、
見張りながら、形を見て確認しながらやる。
ステッックを自分のほうに押し付けて手前に引いてこないように、
常にステッックが弾みを感じて、弾みと一緒手首を持ちあげる。
上腕が痛くなっているけど、今までが、
肘で逃げて使わなかったせいだろうな。

すぐ逃げたくなる。

逃げないこと。
今の私に一番染み付けないといけない。

押し付けも駄目。
人に対して、
いつも肝に銘じておく。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »