« 闘う | トップページ | 学校! »

ドラム練習

基本のダウン・タップ・アップが間違っていた。
言われたことの表面だけ捉えて真似してきたから、
結局、自己流の間違った形になっていた。
本質が捉えられてなかった。
ステッックの自然なバウンドを感じないで、
それを利用した動きをしないで、
上から押し付ける動きをしていた。
たから、弾まないから、速いテンポでリズムをとることが出来ない。
リズムにならない。
手首を曲げるのではなく、肘を動かして、小指が上がってしまっていた。
ステックのお尻を上げるという言葉だけを真似して、肘を開いてしまっていた。

なんでも、小手先でやろうとすることと、
最初に言われた基本を、ちゃんと聞いていないで、
自分の都合のいいように解釈して、
自分の頭で考えないのと、
身体に染み付けないからだ。

レッスンがあるごとに、叩きやすいように、いろんな言い方で、
教えてもらうが、ステッックが綺麗に上によく弾むのが基本だと思う。
そのことをちゃんと理解して、やろうとしないで、
上辺だけやって、やった気になっていた。
このいい加減さが、私のいい加減さだとつくづく反省する。
やる気のでないようなことをして、自分で自分の首を絞めている。
だから、ドラムが楽しくならないのだとつくづく思う。
基本が出来てないから、その先のレッスンに、いつまでいっても進めてない。

少し出来た。なんか楽しい。
そこで、止まってしまっている。
もっとどうしたいとか、こんなことがしたいとか、の先を見ていない。
ただ、レッスンを受けているだけだ。
何のために、レッスンを受けているのか、見失ってしまっている。

自分と戦って、そんな自分を変えるためにドラムを練習する。

小指上向きにならないように、こちら向きに下に向くように、
見張りながら、形を見て確認しながらやる。
ステッックを自分のほうに押し付けて手前に引いてこないように、
常にステッックが弾みを感じて、弾みと一緒手首を持ちあげる。
上腕が痛くなっているけど、今までが、
肘で逃げて使わなかったせいだろうな。

すぐ逃げたくなる。

逃げないこと。
今の私に一番染み付けないといけない。

押し付けも駄目。
人に対して、
いつも肝に銘じておく。




|

« 闘う | トップページ | 学校! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134698/42349321

この記事へのトラックバック一覧です: ドラム練習:

« 闘う | トップページ | 学校! »