« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

目標に向かって

今日は、ギターでのレッスン。
だいぶ前に買ったまま、そのままになっていたエレ・アコで・・。
今、コンサートに向けて、目標が出来たから、
とにかく覚えなくてはと、必死になった。

まだまだで酷いけど、最後はどうにか理解できてきて、
曲りなりの、曲がったままだけど、何小節が弾き語り?ができた。
なんだか嬉しくなって、気持ちが前向きになった。
雨だし、ギター運ぶのは大変だし、頭痛はするし・・・、
でもでも、この気持ちで、毎日練習して、絶対にうまくなってやる!

少し前に、TVで感動する言葉に出会って、涙が出た。
それは、92歳の普通のおばあちゃんなんだけど、
「佐賀のがばいばあちゃんズ」とかいう市民のグループで
歌と踊りの活動をしていて、舞台に立っているのだけど、
自宅前の崖から落ちて、舞台に立てなくなってしまっていた。
でも、舞台に復帰したい一身でリハビリして、
もう一度舞台に立ったとき、言った一言。

「みなさん、目標をもってください!、目標を持つと頑張れる!
頑張って、100才まで生きましょう!」

私の今までの人生、目標が無かった。
何でも、やる前からすぐ諦めた。
歌だって、最近まで諦めてた。

目標を持って、目標に向かって生きよう。
目標があるから、頑張れる。
それに向かうから楽しい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自分の声

今日は、初めて、自分自身の等身大の今の私の歌が歌えたと思う。
今までは、上手い人の歌を真似しようとして、
その表面だけを真似しようとするから、かっこつけようとして、
力みのある、不自然なかっこ悪い歌を歌っていたのだと、
つくづく思う・・・。
力抜いて、素直に歌う感じがやっとつかめてきたように思った。

全体の力は抜くんだけど、お腹だけは、かなり気をつけてた。
そして、言葉の一つ一つに気持ちをこめた。
言葉をしゃべるように、言葉のアクセントを気をつけて、
語尾だけ飛び出たりしないように、乱暴にならないように気をくばった。
歌の世界を思い浮かべて、その気持ちになって歌った。
小さく歌っているけど、歌っていて気持ちよい。
素直になれたような、無理が無いような感じ。
上手い人の真似をするのは、やはり、それは私じゃない。
だから、今日は、とても気持ちよく歌えた。

なんか、この2・3日で急に、自分の声っていうのが、出てきた感じがする。
嬉しい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コンサートに向けて

私の今までの歌は、つくづく歌おう歌おうとしてうるさかったぁ・・・。
まず、「語る」「しゃべる」ここから基本のやり直し。

だって、気持ちこめて、気持ちよく歌いたいもの。
そのためには、「語る」からやる。
べたべたに言葉を伸ばさないで、切る。
まずは、意識的に切る!
今までが、伸ばしすぎだったから。
かっこつけようとして、かっこわるい歌い方は、もうしたくない。

まだまだだけど・・・。ちょっと先が見えてきた。
なんか、嬉しい!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »