« 2009年4月 | トップページ

ギターと歌

力を抜くこと。
力を抜くってことは、力が無くなることじゃない。
抜いて静かに動かなくなるってことじゃない。
ダラケた、気のない歌になっちゃいけない!
身体が柔らかくなって、感覚が鋭くなって、動けるってことだ。
抜くからこそ、力が出せるってことだ。
抜いて、動くってことだ。
抜くからこそ、自由に動けるってことだ。
もっともっと、ギターを弾いて、この感覚を養おう。
歌も力抜くと、優しく、感情がこめられてくるのが、わかるもの。

ギターはいい!
お腹で抱きしめて、腹に音が響いてきて、心地いい。
左手はまだ押さえるのが難しいけど、
右手だけで、勝手にリズムとって津軽三味線のように
ジャカジャカベンベン弾くのはななんだか楽しい。
乗って弾けたときは快感だ!

手首はまだ硬いから、これはまだまだ練習だな。
左指先はもっと堅くならなきゃ、痛いよう。
これももっともっと押さえる練習のみ。

目標!
将来は弾き語りが出来るように頑張ろう!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ